乳酸菌のすべて

乳酸菌で腸の健康を維持

腸は体内の不要なものを便として排出するための役割を持っていますが、ほとんどの方はそれ以外の役割を知らない場合が多いでしょう。
実は自身を病気から守る免疫力を作る役割もあり、割合にして70パーセントという大部分を占めています。
なので、腸の健康はとても重要です。
そんな腸の健康を維持できるもののひとつが乳酸菌です。
今回は、乳酸菌がもたらす腸の健康維持効果についてご紹介します。

乳酸菌で腸の健康を維持

取り入れると善玉菌として効果アリ

そもそも、乳酸菌が腸の健康に効果的なのはなぜでしょうか。
それは、乳酸菌が善玉菌のひとつだからです。
腸には消化吸収や免疫力向上の促進をする有用菌である「善玉菌」と、発がん性物質や炎症を発生させる有害菌の「悪玉菌」があります。
これに加えて、上記のどちらか多い方に味方のような存在としてはたらく「日和見菌」もあり、善玉菌の方が多ければ特に活動せず、逆に悪玉菌が多ければ悪玉菌側について悪影響を及ぼします。
乳酸菌は先述の通り、ビフィズス菌やガセリ菌と同様に善玉菌のひとつなので、取り入れることで腸における善玉菌の数を増やしてその効果を促進させることができます。

腸の維持は乳酸菌の継続摂取が重要

乳酸菌はヨーグルトやチーズはもちろん、あまり知られていないところではキムチを始めとする漬物類などに含まれています。
また、乳酸菌飲料からの摂取も方法のひとつです。
これらを食事に取り入れることで乳酸菌の摂取が可能なのは確かですが、たった一度や短期間だけでやめてしまっては、腸の健康の維持は期待できません。
というのも、乳酸菌の寿命は基本的に3日程度しかなく、取り入れ続けなければ悪玉菌よりも善玉菌の方が多い環境を作り続けられないからです。
そのため、乳酸菌を含む食品を毎日継続して取り入れ続けることが不可欠となります。
しかし現実的に考えると、ヨーグルトやチーズ、漬物類などを毎日食べ続けるのは多くの場合はいずれ飽きがきてしまい、継続しにくくなる可能性が十分に考えられます。
そこでおすすめなのが、乳酸菌を含んだサプリメントです。
様々なメーカーから多種多様な商品が販売されていますが、小さな粒という形態がほとんどなので、食品から摂取する場合と比べて味による飽きが生じにくくなっています。
また、1ヶ月分で2000〜3000円が相場となっているので、食品からの摂取と同等かそれ以下の値段で続けることができます。

好きな摂取方法こそが継続への近道

乳酸菌という善玉菌を取り入れることで腸の健康を実現することができるわけですが、やはり続かないことには意味がありません。
複数種類ある食品や飲料からの摂取、さらにはサプリメントなど、いろいろと乳酸菌の摂取方法がありますが、自身が最も続けやすいと感じたものを取り入れるようにしましょう。
飽きを感じたら別な食品や飲料に切り替えるのも、飽きによる継続への阻害を回避する良い手段です。
できる限り継続して乳酸菌を摂取するようにして、無理なく腸の健康の維持を目指していきましょう。

ページのトップへ戻る