乳酸菌のすべて

乳酸菌でインフルエンザを予防

乳酸菌は健康維持に役立ちますが、その中でインフルエンザの予防効果があります。
手洗いうがいが重要といわれていますが、乳酸菌の摂取行うことでさらに盤石なものとなります。
今回は、乳酸菌でのインフルエンザ予防についての詳細をご紹介します。

乳酸菌でインフルエンザを予防

免疫力の向上効果により予防できる

インフルエンザは冬に流行し、ウイルスに感染することで発症します。
それを防ぐには免疫力を向上させ、ウイルスへの抵抗力を高める必要があります。
乳酸菌は善玉菌の一種なので、腸において免疫力を低下させてしまう悪玉菌よりも善玉菌の数を多くして、腸内環境を良い状態で維持してくれます。
腸と免疫は関係が全くないように見えますが、実は免疫のはたらきを担う「免疫細胞」の6から7割が腸内に集中しています。
つまり、腸内環境が悪ければそれらを活発にはたらかせることができません。
先述のように、乳酸菌は腸内環境の改善が可能なわけですが、これを利用することで免疫細胞を活発化させてウイルスの体内での活動をさせないようにすることができます。
これこそが、乳酸菌によるインフルエンザ予防へのはたらきなのです。

日常的に乳酸菌を取り入れて予防

乳酸菌を含む食品といえば、ヨーグルトやチーズといったものはもちろん、漬物類にも含まれています。
特に漬物類の中でもキムチは乳酸菌の含有のみならず唐辛子が使用されているので、唐辛子に含まれるカプサイシンによって新陳代謝が促進されます。
すると免疫細胞の活発なはたらきを妨げる老廃物を排出しやすくなり、これによっても免疫力の向上が期待できます。
このように乳酸菌と同じく免疫力の向上効果があるので、相乗効果を得ることができます。
他にも乳酸菌を多く含む飲料や、1カップで100グラムのヨーグルト数十個分の乳酸菌を1粒で取り入れられるタブレットなど、たくさんの摂取方法があります。
日常的に継続することで善玉菌である乳酸菌を豊富に取り入れられるので、ぜひ実践してみましょう。

生活の質の向上とともに実践しよう

今回ご紹介したように、乳酸菌の摂取はインフルエンザ予防に大いに役立ちます。
しかしながら食事の栄養バランスが悪かったり、睡眠不足などといった生活の質が悪い状態では、免疫力が万全になるとはいえません。
なので、生活の質を良好なものにした上で乳酸菌を取り入れるということが大切です。

ページのトップへ戻る