乳酸菌のすべて

蓄膿症を乳酸菌でやっつけろ!

広く知られた存在であり、なってしまうと厄介な蓄膿症。
今現在悩まされている方も少なくないでしょう。
ところで、皆さんは乳酸菌が蓄膿症の改善に役立つことをご存知でしょうか。
一見関係性が全くないように見えますが、どう関係しているのでしょうか。
今回は、乳酸菌による蓄膿症の改善についてご紹介します。

蓄膿症を乳酸菌でやっつけろ!

免疫力の低さで発症する

そもそも、蓄膿症は免疫力の低下によって発症しやすくなります。
すると風邪やアレルギーなど影響を受け、まず鼻の粘膜が膨張して鼻腔が閉じます。
この状態が長引くと鼻の奥で炎症が発生します。
さらにこの炎症が続くことで、粘膜が腫れて膿が溜まり蓄膿症となってしまうのです。
頭痛や不快な臭いの発生といった症状が、蓄膿症の代表的な自覚症状です。

乳酸菌の免疫アップ効果で改善

風邪やアレルギーが蓄膿症の原因ですが、さらにたどると免疫力の低さが大元と説明しました。
ここで乳酸菌による免疫力の向上効果を利用すれば、風邪やアレルギーはもちろん蓄膿症の改善・予防を期待できます。
乳酸菌は腸内環境を整える善玉菌の一種です。
免疫力は免疫細胞が十分にはたらくことでしっかりと保持されます。
実は免疫細胞の6〜7割が腸を住処としており、腸内環境が悪ければ十分なはたらきができなくなります。
ですから、乳酸菌の整腸作用で免疫細胞をはたらかせて免疫力を上げるよう心がけましょう。

乳酸菌を少しでも多く摂取しよう

こうして乳酸菌により蓄膿症が改善できるわけですから、少しでも多く摂取することが望ましいことは確かです。
ヨーグルトやチーズ、漬物類などからの摂取ができますが、サプリメントの活用が最も良いといえます。
食品からの摂取よりも、数十倍もの量をたった1粒程度で摂取ができます。
乳酸菌による効果は、継続した摂取をなくして実現できません。
食品での継続摂取は味による飽きがきてしまいやすく、あまり現実的ではありません。
しかしサプリメントであれば粒を飲むだけですから、味がありません。
ですから、このスタイルでの継続摂取がとてもおすすめなのです。

薬の服用の前に実践してみよう

蓄膿症は医薬品での改善が一般的です。
しかし、治るまで服用し続けていけば経済的な負担が大きくなります。
その医薬品によって価格は異なりますが、1ヶ月飲み続ければ少なくとも2000円以上にもなります。
一方で乳酸菌の摂取、特にサプリメントであれば1ヶ月あたり1000円程度で済ませることができます。
ですから、まずは乳酸菌の摂取から試してみましょう。

ページのトップへ戻る