乳酸菌のすべて

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌といえば、様々な健康的な食品などで多く耳にするものです。
中でも、ヨーグルトであれば乳酸菌を宣伝文句にしている商品も少なくありません。
では、乳酸菌とヨーグルトはどのように関係しているのでしょうか。
今回は、その点についての詳細をご紹介します。

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌がヨーグルトを作り出している

乳酸菌はどのヨーグルトにも含まれていますが、それがなぜかをご存知でしょうか。
理由は、乳酸菌がヨーグルトを作っているからです。
乳酸菌は糖を分解して乳酸を生成するはたらきがあり、これを「乳酸発酵」と呼びます。
この発酵のはたらきを利用して作ることができるものがヨーグルトです。
乳酸菌には「酪農乳酸菌」と「腸内乳酸菌」、「植物乳酸菌」の3つに分類されます。
この中で、酪農乳酸菌は家畜の乳を中心に棲息しているため、乳製品であるヨーグルトに含まれる乳酸菌は酪農乳酸菌というわけです。

ヨーグルトの味にも関係している

ヨーグルトの味といえば様々なものがあり、甘味の強いものもあれば、フルーツ風味のもの、特に特徴のないものなど多岐にわたります。
しかし、特定の風味として作られていないごく普通のヨーグルトであれば、酸味が感じられます。
この酸味もまた、乳酸菌の発酵がもたらしています。
乳酸菌が発酵すると、先述のように乳酸を作り出します。
つまり乳酸という名前からわかるように、酸を作り出しているので、これにより酸味が生まれるのです。

腸内環境を改善できる

ヨーグルトの効果として良く挙げられるのが、腸内環境を改善できるという効果です。
乳酸菌は確かに菌ですが、実は「腸において、良い効果をもたらす菌」の総称である「善玉菌」の一つとなっています。
腸には善玉菌と、その反対に悪い影響をもたらす悪玉菌があります。
善玉菌の方が多ければ腸内環境は健康な状態であり、悪玉菌が多ければ逆に不健康で免疫力が低下した状態となるので、下痢や便秘などが起きやすくなります。
乳酸菌を摂取するということは、先述の通り善玉菌を取り入れるということになるので、善玉菌の量が増えて腸内環境が改善できるのです。
ただ、乳酸菌は腸では3日間ほどしか生きていけません。
長くても1週間程度です。
つまり、1度ヨーグルトを食べただけでは長期的に善玉菌を多い状態にできないわけです。
なので、継続して長期的に善玉菌を増やし、腸内環境を良くし続けるには、ヨーグルトは継続して毎日食べる習慣をつける必要があるのです。

安く始められるのが魅力

ヨーグルトはカップのプリンと同様のサイズのものが多く、それが3つのパックで100円前後で販売されています。
販売店舗や商品によって異なってきますが、基本的に安く継続することができます。
さらに、ヨーグルトは広く親しまれている食べ物ですから、スーパーやコンビニなどで簡単に購入できるのも魅力です。
安さゆえに経済的な負担を大きくせず継続が可能なので、ぜひ実践してみましょう。

ページのトップへ戻る