乳酸菌のすべて

生きている乳酸菌と死菌

皆さんは、乳酸菌に生きた菌と死んでしまった菌があることをご存知でしょうか。
乳酸菌の存在を知る方は多くいますが、生死の概念についてよく知っている方はそう多くないでしょう。
今回は、生きている乳酸菌と死菌についての詳細についてご紹介します。

生きている乳酸菌と死菌

胃酸で死んでしまう

乳酸菌は、基本的に食材から摂取して胃を通過する際に生死が分かれます。
胃に存在する胃酸は強力な酸性になっており、この酸が原因となり死んでしまいます。
そのため、腸に到達するまでには基本的に死菌となってしまうのです。
ちなみに、お酢程度の酸の強さであれば死滅しないため、全くもって酸への耐性が無いというわけではありません。

生きた乳酸菌の効果は

生きた菌はまず、腸を酸性の状態にして維持させます。
酸性に傾けば、病原体の活発化を抑えることができます。
さらには、悪玉菌の増殖を抑えてくれる効果もあるので善玉菌が増えやすい環境になります。
そうすると腸のはたらきを活発化させて排便をしやすくし、便秘の改善・予防になります。
また、免疫細胞のはたらきも同時に活発化されるようになるので、免疫力向上にも効果があります。

死んだ乳酸菌の効果は

先述のように、乳酸菌は取り入れてもほとんどが死滅してしまいます。
ただ乳酸菌には動物性と植物性があり、後者は比較的死滅せずに生き残る割合が高い傾向にあります。
実際に乳酸菌を含む食品や飲料の広告では、生きて腸に届くことを大々的に宣伝文句としています。
その影響で「生菌を取り入れなくては」と義務感を感じる方も多いでしょう。
ところが、近年では「乳酸菌は生きていても死んでいても効果がある」という研究結果がいくつも公になりました。
死菌もすでに腸にいる生菌のエサになって増加を促したり、大腸を刺激して排便を容易にするといった効果があります。
なので、生きていても死んでいても良い効果を得ることができます。
このことから、「植物性乳酸菌で生菌を摂らなくては」とこだわる必要性は特にないわけです。

乳酸菌の生死は気にせず摂取しよう

このように、乳酸菌は生きていてもいなくても腸でのはたらきを持ちます。
そのため「摂取したものを死なせてはならない」と危機感を持って摂取をする必要はありません。
すでに腸には乳酸菌が存在しているわけですから、それを死菌で増やすという観点でも良いでしょう。
特に摂取する乳酸菌の生死を気にすることなく、積極的に継続して摂取していきましょう。

ページのトップへ戻る