乳酸菌のすべて

乳酸菌が育つには

乳酸菌はすでに豊富に存在しているヨーグルトなどの食品から摂る場合が多く、育てると聞いてピンと来る方はそう多くないでしょう。
乳酸菌を摂取する目的は基本的に「腸内環境の改善」ですが、実はすでに腸内に存在する乳酸菌を育ててその目的の実現に近づくことができます。
今回は、その詳細についてご紹介します。

乳酸菌が育つには

オリゴ糖などを摂取する

乳酸菌を育てるには、乳酸菌のエサともいえる糖分を摂取する必要があります。
ただ闇雲に甘いものを食べ続けていては、糖尿病のリスクが高まるので望ましくありません。
方法としては、オリゴ糖などを多く含む商品を食事に取り入れるのが良い方法です。
バナナや玉ねぎ、オクラ、はちみつなどは特にオリゴ糖が豊富で、玉ねぎとオクラは含んでいる水溶性食物繊維の分解によってもオリゴ糖になります。

はちみつであれば、グルコン酸という物質も含んでいます。
これはブドウ糖が酸化されてできた糖酸のことで、ビフィズス菌の増加を促進させて増やしていくこともできます。
ビフィズス菌は、乳酸菌とは別な種類ながら整腸作用などの同様といえる効果を持っています。
つまり、他の食材と違って乳酸菌に加えてビフィズス菌を活発化させられるという一石二鳥な効果を持っているのです。

このように、いろいろな食材からオリゴ糖を摂取することで、乳酸菌をはじめとする善玉菌の生長を促進できます。

乳酸菌が育つと、腸内環境が改善する

腸内にある乳酸菌を育てることにより、その菌の数も増やすことができます。
乳酸菌は善玉菌のひとつなので、数が増えるということは善玉菌の割合が増加することになります。
すると、大腸の粘液を刺激して発生する「ぜん動運動」によって、排便がしやすくなります。
これにより便秘を改善・予防でき、不要物を溜め込んで起きる腸の異常な腐敗作用を防いでくれます。
また、善玉菌とは正反対に悪影響を及ぼす「悪玉菌」による悪玉コレステロールが増加すると、動脈硬化を起こしやすくなり心筋梗塞や脳梗塞のリスクとなります。
善玉菌は、コレステロールそのものやコレステロールから生成される胆汁酸と結合し、便として体外に排出してくれます。
このはたらきでコレステロールの蓄積を抑えることができます。

摂取だけでなく、育てることも考えよう

今回ご紹介したように、腸内にいる乳酸菌を育てると良い効果が得られるのは確かです。
乳酸菌に関しては、乳酸菌飲料や食品を取り入れる場合がほとんどなためあまり知られていない健康法ともいえますが、身近な食品で実践が可能なうえ、乳酸菌を含む食品よりも安く続けることができるともいえます。
乳酸菌を新たに取り入れるばかりではなく、すでにあるものを育ててみましょう。

ページのトップへ戻る