乳酸菌のすべて

お酢の酸で乳酸菌やビフィズス菌は死んでしまう?

乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の一種なので、できるだけ良い状態で腸へと届けたいものです。
菌などの目に見えないほど小さなものにおいて、酸によって死んでしまうといった情報はありがちなものです。
では、乳酸菌やビフィズス菌はどうなのでしょうか。
今回は、その詳細についてご紹介します。

お酢の酸で乳酸菌やビフィズス菌は死んでしまう?

お酢の酸程度では死滅しない

乳酸菌やビフィズス菌は、「酸で死滅する」ということは確かによく言われていることです。
しかしながら、それは胃液や胆汁といった体内の器官に含まれるものによるものです。
これらは強い酸性となっているために菌が死滅してしまうわけであり、お酢はそれらに比べるとまだまだ弱い酸です。
なのでお酢を使った料理を食べつつ、さらに習慣として乳酸菌を含む食品や飲料を摂取しても、摂取した乳酸菌などが死滅してしまうわけではなく、特に心配はいらないのです。
お酢とヨーグルトなどを用いたアレンジレシピもありますが、これもまた菌は死滅しているわけではないので、その味を楽しみつつしっかりと生きた菌の摂取もできるというわけです。

菌は死んだものでも効果アリ

お酢程度の酸の強さでは乳酸菌などは死なないとご紹介しましたが、やはりそれ以上の強酸である胃液や胆汁では基本的に死んでしまいます。
それでは摂取の意味がないと思われがちですが、死んだ菌、つまり死菌も効果があります。
死菌は生菌のエサとして取り込まれるので、乳酸菌をはじめとする善玉菌の増殖を促進したり、他には腸壁と呼ばれる部位に刺激を与えることにより免疫細胞を分泌させ、免疫力向上を促進することができます。
このように、死菌となっても無意味にはならないので過度な心配はいらないといえます。

お酢の使用制限はほぼ不要

今回ご紹介した通り、お酢は乳酸菌やビフィズス菌を死滅させるほどの強酸ではないので、お酢の使用を制限する必要はほとんどありません。
また、多くが体内の強酸で死んでしまうので生菌の量は減りますが、これもまた先述の通り無意味なものではないということを知っておきましょう。
生菌をできるだけ多く取り入れたいとこだわりのある方は、乳製品による動物性乳酸菌ではなく、それよりも生きて腸まで届きやすい植物性乳酸菌を含んでいるキムチなどの漬物類を取り入れるのがおすすめでです。

ページのトップへ戻る