乳酸菌のすべて

植物系の乳酸菌

乳酸菌はその名前を知る人は多いですが、その先の詳細も知っている人は少ないでしょう。
そのため、乳酸菌は「乳酸菌」という完全に1つの種類の菌に思われがちです。
しかし、実際には複数に分かれています。
その中に植物系の乳酸菌である「植物性乳酸菌」があります。
今回はそれが一体どういうものなのか、その詳細をご紹介します。

植物系の乳酸菌

植物性乳酸菌とは何か

植物系の乳酸菌、つまり植物性乳酸菌はその名の通り「植物関連のものから作られる乳酸菌」を意味しています。
食材で例を挙げると米や麦、野菜や豆などです。
ここでも、植物由来のものだというのがわかります。
植物性乳酸菌はこれらの植物由来の素材を発酵させることができ、ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物性乳酸菌とは違うものとなっています。
この乳酸菌が発見されたのは、京都の漬物です。
京都の人々が、全国的に見てトップレベルの長寿であるという情報を新聞から知った岸田綱太郎博士が行った調査により、酸味の強い漬物から新種の乳酸菌を発見しました。
この乳酸菌こそが、植物性乳酸菌なのです。
その漬物は「すぐき漬」と呼ばれるカブの変種の「酸茎菜」の葉を主な原料としており、この酸茎菜のまた植物由来の素材です。

酸に強いのが特徴

植物性の乳酸菌の代表的といえる特徴は、動物性のものより体内の酸に強いという点です。
体内の酸とは、主に胃酸や胆汁といったものを指します。
これはお酢をはじめとする酸味の強い調味料よりもはるかに強力で、食べ物の消化に用いられます。
乳酸菌も摂取すると、大腸までの道のりの途中で胃を通過します。
ここで動物性乳酸菌であれば、ほとんどが酸の強さで死滅します。
一方で、植物性のものは全体の1%程度は酸に耐えて腸に届きます。
1%程度というと少ないように思われがちですが、動物性をはじめとする他の種類であればそれ未満です。
このことから、植物性の乳酸菌は比較的強力といわれているのです。

健康に多大な効果をもたらす

植物性乳酸菌には、免疫力を上げることによりガンやウイルスの影響を防ぐ効果があります。
とりわけ効果を有するのが、植物性乳酸菌の一種である「ラブレ菌」です。
ラブレ菌が腸内に到達すると、リンパ球を刺激することで「インターフェロンa」と呼ばれるたんぱく質の分泌を促進します。
インターフェロンaは、ガン細胞やウイルスなどの人体に悪影響を及ぼす存在に攻撃をする役割を持つ「NK細胞」の活性化させるので、結果としてガンやウイルスから体を守ってくれるのです。

質の良い生活と植物性乳酸菌で、健康づくりを

今回ご紹介したように、植物性乳酸菌は免疫力を高めて病気へのリスクを下げてくれるという、健康づくりには見逃せない効果があります。
漬物は植物素材を乳酸菌のはたらきで発酵させ繁殖したものですから、漬物を食生活に取り入れれば植物性乳酸菌の摂取をしっかりと行うことができます。
さらに、食事の栄養バランスや生活習慣を考慮することで、免疫力を万全に備えた健康な体づくりをすることができるのです。
今後の安定した健康のために、ぜひ実践してみましょう。

ページのトップへ戻る