乳酸菌のすべて

乳酸菌が善玉菌といわれる理由

乳酸菌を含む食品や飲料などの商品説明では、善玉菌というワードがたびたび登場します。
以前よりもこのジャンルの商品が普及してきたために、その存在を知る方も多いでしょう。
これは乳酸菌が善玉菌といわれているからこその結果ですが、ではなぜ乳酸菌が善玉菌とされているのでしょうか。
今回はその詳細についてご紹介します。

乳酸菌が善玉菌といわれる理由

良い効果をもたらすから

乳酸菌が善玉菌といわれる理由は、「良い効果をもたらすから」です。
そもそも善玉菌は、この名前の菌が独立した一つの種類として存在するのではなく、腸をはじめとする体内に良い効果をもたらす菌の総称なのです。
逆に、大腸菌などの病気の原因となりかねないものは「悪玉菌」として分類されます。

どんな効果があるのか

乳酸菌には「腸壁」を刺激させるはたらきがあり、そこから「ぜん動運動」を起こして排便を促進することができます。
また排便を促進するのみならず、乳酸菌は腸内を酸性にさせて保つことができ、これによって便秘を防ぐこともできます。
さらに、同じく腸壁を刺激させることにより腸内の免疫力を向上することもできます。
免疫力が万全になれば、風邪はもちろんインフルエンザなど様々な病気から体を守ってくれるので、健康の維持がしっかりと行われるのです。
腸壁の刺激は死んでしまった乳酸菌も行うので、この点は「生きて腸まで届けなくては」と心配する必要はありません。
他にも、抗体を作り出す役割を持つ「リンパ球細胞」の一種である「B細胞」のバランスを正常な状態に整えることによって、花粉症をはじめとするアレルギーへの改善・予防が期待できます。
このように乳酸菌は悪い効果をもたらすことなく、良い効果をいくつも有しています。

知識として覚えておこう

今回ご紹介したように、乳酸菌には良い効果を持っているために善玉菌といわれています。
その効果を知っておくことで、自身の健康作りの手助けとして役立つ有益な情報ですので、是非とも知識として覚えておきましょう。

ページのトップへ戻る