乳酸菌のすべて

乳酸菌とビフィズス菌の関係は?

健康面で効果的な菌として、乳酸菌やビフィズス菌というものを聞いたことがある方は多いことでしょう。
乳酸菌は、特に頻繁に食品などの宣伝の一部などで取り上げられるので何か知っている方は少なからずいる一方で、ビフィズス菌について知る方は多いとはいえないでしょう。
では、良い効果をもたらす菌同士であるこの両者は、どのように関係しているのでしょうか。
今回は、その点についてご紹介します。

乳酸菌とビフィズス菌の関係は?

両者とも善玉菌の部類に入る

乳酸菌とビフィズス菌はそれぞれ違う種類の菌ですが、部類で見るとどちらも「善玉菌」に分けられます。
善玉菌とは、腸において発がん物質をはじめとする有害物質を増やしたり、免疫力を低下させるといった健康を害する「悪玉菌」とは反対のはたらきをする「善良な行いをする菌」を指します。
腸においては善玉菌と悪玉菌、そしてこれらの多い方に味方につく「日和見菌」があり、乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌のはたらきと同様に免疫力の向上といった効果をもたらすことから、善玉菌の部類に入るのです。
まずは、「人体にとって良いもの」と認識しておくと良いでしょう。

個数はビフィズス菌の方が多い

腸内の善玉菌における菌の種類の割合は、乳酸菌が1億〜1000億個なのに対し、ビフィズス菌は1〜10兆個もの数があります。
ここから見てわかる通り、実はビフィズス菌の方が圧倒的に多いのです。

はたらきは似ているようで違う

乳酸菌は乳酸を作り出すはたらきがあるのに対し、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出します。
また、乳酸菌は「取り込んだ糖に対して作られる乳酸の量が50%以上」と定義で決められています。
しかしビフィズス菌は酢酸とともに乳酸をつくるため、作り出す乳酸は乳酸菌ほどではありません。
その代わり、酢酸は強い酸を有しているので殺菌作用が強くなっていることから、腸内を無害に近づけるという点では酢酸を含むビフィズス菌の方が優れているといえます。
このように、善玉菌の量を増やして有害物質の増加を防いだり、免疫力を向上できるという点ではこの2つの菌はとても似ていますが、それぞれ個性があるのです。

食品やサプリから摂取し続けよう

乳酸菌もビフィズス菌も、ヨーグルトをはじめとする発酵食品やサプリメントを中心に含まれており、かつスーパーや通販などで容易に購入することができます。
生活を変えずに取り入れて健康を促進することができ、継続しやすいといったメリットがあるので、積極的に摂取し続けていきましょう。 また、こちらのサイトにはビフィズス菌をはじめ乳酸菌の種類が書かれています。是非ご覧ください。

ページのトップへ戻る